FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋さの中にも「粋」がある!

今日からまた台湾へ来ています。

今回初めて訪れたのは台湾の中部にある台中市です。
明日から現場仕事になるし、初めての客先なので身が引き締まる
もとい。 気が引き締まる思いです^^;


そんな折、空港で別れ、博多のキャナルへ行ってきた
annからの電話で・・
「和風の小物しかなかったけど、ヒントになったよ」

そかそか、何か面白いアイデアが浮かんだのね。

今や二人して「和」へ夢中になりつつあります。

と言うことで、私も負けずに何か探さねば。。
これから段々と秋らしく、そして寒い冬が・・

見つけたものはこれ。w

tanzen1.jpg


「丹前」ですね。
部屋着はもとより、ちょっとした外出にも
二人揃ってれば、尚更いいんじゃないの?^^

更に見ていくうちに、もっと寒くなったらと。。

tanzen_kon.jpg

綿入り丹前ですか~。
通称「どてら」っていうやつですねw

しかし何故か、女性物を好む習性も抜け切らないようです^^;

tanzen-koro.jpg


そして面白い説明文がありましたので、つづきへコピーしますw


丹前の由来

丹前は、江戸初期、湯女風呂(今のヘルスの元祖?)がブレイクした頃に、神田の掘丹後守の屋敷の前に出来た「丹前風呂」って湯女風呂がありまして、そこに集まる男伊達(遊び人)達の間でドハデなファッションが流行ったんですね。で、この男達が着ていた服装を「丹前」と呼ぶようになったんです。では、なんでそんなファッションが流行ったかと言うと、この「丹前風呂」に「勝山」っていう超売れっ子の看板湯女がいて、彼女が人と変わった格好が好きだったため、目を引こうと男達が競い合ったというわけです。多分その頃の丹前は現在のものとはかなりイメージが違うものでしょう。この辺のくだりは、井原西鶴の「好色一代男」にも描写が出てきます。「丹前風呂」というのは多分、丹後守の屋敷の「前」にできたから、「丹」+「前」=「丹前」としたのだと思われます。要するにファッションヘルスのお店の名前が和服の名称になっちゃたわけですな。(^_^; 日本人もいろんな歴史を作ってくれますね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

あず

Author:あず


映画が好き、PCゲームが好き、
そんな”あず”の気ままなブログです。

記事

あずが観たDVDからお勧め!


「隠し剣 鬼の爪」 藤沢周平原作


「ロッキー・ザ・ファイナル」

20071105201437.jpg
「ウォルター少年と、夏の休日」

カーズ
「カーズ」

Indian
「世界最速のインディアン」


「ゴーストの囁き」


「スーパーナチュラル」

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。